一戸建ては床の面積大きく!物は置かない

一戸建てマイホームをキレイにオシャレに維持したいと思うのでしたら、「床に物は置かないこと!」はいわば鉄則のようなものですよ。家の床の面積が小さいと、ごちゃごちゃした印象になると私は思います。また、家の床の面積が小さいと、狭い印象になりますよね。しかしその逆ならば、広く見えるというものです。書籍そもそも、オシャレなインテリアの基本は「シンプルであること」だと私は思うわけです。ですから、家具で収納を作るのではなく、一戸建てマイホームの場合はクローゼットなど、最初から収納を作っておくパターンが採用されることがとても多いですよね。最初から収納を用意しておけば、天井まで使って収納スペースを作ることができますし。しかし収納を作ったとしても、ついついとしまうことを怠ってしまうというものです。そして床にものをポイポイ置いてしまうと。その方が取り出しやすく便利だと。けれど、それではせっかくの一戸建てマイホームのインテリアが台無しになってしまうというものでしょう。マイホームを建てたのでしたら、「床に物は置かない」を心がけるべきだと私は思います。