マイホームづくりにおいて気をつけること

マイホームづくりにおいて気をつけることをいくつか指南します。まず、現在は、世界的に空前の低金利時代になっています。住宅ローンを借りる上では、絶好の時代になったのではないでしょうか。一方で、世間では経団連の関係者やトヨタの社長が終身雇用精度の終了を宣言したことが話題になっています。このことは、ローン制度の大前提となる、右肩上がりの経済成長時代がとうとう公に終了したことを意味しています。したがって、ご自分の状況をよく鑑みた上で、住宅ローンの利用に踏み切るのがよいでしょう。次に、少子高齢化に伴い、空き家の数が空前の800万戸に達しているという事実です。地域や家の状態によっては、かなり廉価で売り出されている一方で、都心などの一等地ではオリンピックによる資材高騰などで依然として価格が上がり続けているという現象があります。したがって、いつの時期に購入するかをよく見定めた上で、着手されるとよいでしょう。