木造住宅の階段が急なので失敗した

私は家を設計する時に、間取りなどは色々工夫したつもりです。特に広さにはこだわったつもりなのですが、1つ抜けている箇所がありました。階段なのです。木造の一戸建てですから、やはり階段はあります。間取り図面を見る限り、階段の長さも特に問題ないとは思っていました。そこそこ広い階段なので、別に不自由する事はないと思っていましたが、それが間違いだったのです。どういう事かと言うと、現在は階段の上り下りで少々苦労しています。階段が若干急勾配になってしまったからです。図面を見る限りは問題ないとは思っていたのですが、実際に階段が完成していると、かなり急な造りになってしまいました。おかげで現在は、階段で移動するのも少々大変です。たまに怖いと感じられる事もあります。今は思い返せば、もう少し階段のシミュレーションを行うべきでした。事前に間取りなどを測っておけば、このようなミスは避けられたのではないかと思います。階段は、家を作る時の盲点の1つですね。